オフィスと転職ガイドのお姉さん

就職に結びつける

企業のIT化が進んでいることで、エンジニアの必要性は増々増えてきている。
このため、多くの企業がエンジニアの採用をするために、求人掲載は効果的にしなければならない。
現在の日本では、セキュリティの強化やペーパーレス化のように、コンピュータを使った技術が盛んに取り入れられている。
それに伴ない、エンジニアの需要も必然的に増加しているのである。

しかし、需要は高まっているとはいえ、業界全体ではエンジニアが不足している。
そうした事態に対処し、採用をするためにも、求人掲載は重要である。

知り合いに相談する

就職には採用試験を受けるパターンと、コネクションを利用するタイプがある。
コネクションを利用することは、その会社の特性や働いている人を、あらかじめ知っているので、安心感がある。

詳細を確認する

その人のモチベーションを理解する

エンジニアを採用する人が、必ずしもエンジニアの仕事について詳しいわけではない。
採用するときのポイントは、自分の会社がその人に合った仕事を提供しているかを把握することである。

詳細を確認する

事業の段階を意識する

まず企業がなんの為に採用するのかを把握し、アピールポイントとすることが大事である。
事業の初期や円熟期では、スタッフに求める素養も違えば役割も異なることを意識すると良い。

詳細を確認する

バランスを気をつける

基本的に求人掲載の採用基準や求める能力は崩さず、通常の採用と変わらない態度で臨むことがエンジニアの採用には重要である。
複数エンジニアを雇う場合、そのバランスにも気をつけたい。

詳細を確認する

仲介業者に頼む

求人掲載を、職業仲介会社に載せれば、求人に応募する人物の情報も集めてくれるので、利用価値が高い。
また、情報拡散もそうした人づてで行うよりも効率よく行うことができる。

詳細を確認する

準備は入念に

採用の際は、入念に準備を行うことが大事である。人材派遣会社に求人を依頼している場合でも、エンジニアについて知ることは重要。
そこでどんなことをしてもらいたいのかを明確にしたい。

詳細を確認する